Just another WordPress site

BLOGブログ

トップ > 助成金/補助金 > IT導入補助金のA類型とB類型とは?「概要編」

IT導入補助金のA類型とB類型とは?「概要編」

2019年5月16日現在の情報です】

 

A類型とB類型は何が違う?

平成30年度(2019年実施)「IT導入補助金」は、交付申請する補助金額などによって、以下の表のようにA類型とB類型の2つに分かれます。

 

項目/類型 A類型 B類型
公募期間 5月27日(月)~6月12日(水) 5月27日(月)~6月28日(金)
採択予定日 6月26日(水) 7月16日(火)
補助金の上限額・下限額 40万~150万円未満 150万~450万円
補助率 1/2以下
補助対象経費区分 ソフトウェア費、導入関連費

ソフトウェアの

必要なプロセス数

業務プロセスを必ず1つ以上含み、合計2プロセス以上必要 業務プロセスを必ず3つ以上含み、合計5プロセス以上必要
導入後の報告回数 年1回3年間、合計3回 年1回5年間、合計5回

 

類型によって

 

・公募期間

・採択日

・補助金額

・必要プロセス数

・導入後の報告回数      

 

が違います。

 

中でも特に、必要なプロセス数(昨年度のコア機能と似ている概念)という導入ITツールの概念が複雑で、昨年度以上の多くの機能を求められます。

 

ソフトウェアと構成プロセス

IT導入補助金で言う「ソフトウェア」とは、オンプレミス版、クラウド版のパッケージソフトウェアとし、「業務パッケージ」「効率化パッケージ」「汎用パッケージ」の3種類があります。

 

プロセスの種類 Pコードと要素

業務プロセス

(業務パッケージ)

P-01 顧客対応・販売支援
P-02 決済・債権債務・資金回収管理
P-03 調達・供給・在庫・物流
P-04 人材配置
P-05 業務固有プロセス(実行系)
P-06 業務固有プロセス(支援系)
P-07 会計・財務・資産・経営
P-08 総務・人事・給与・労務

効率化プロセス

(効率化パッケージ)

効P-09 自動化・分析

汎用プロセス

(用パッケージ)

汎P-10 汎用

 

これ以外にもオプションと役務があります。

 

補助金額とプロセス数による申請可能な類型

プロセス数 ITツールの購入金額(税別)
80万円未満 80万円以上300万円未満 300万円以上
2プロセス未満 不可 不可 不可

2プロセス以上

5プロセス未満

不可

A類型

上限:購入金額の1/2以下

A類型

上限:150万円

5プロセス以上 不可

A類型

上限:購入金額の1/2以下

B類型

上限:購入金額の1/2以下、もしくは450万円のどちらか低い方

 

  •  類型は交付申請時に、補助事業者によって選択されます。(申請提出前までの変更は可能)
  • 補助額がB類型の下限額(150万円)を上回る場合も、プロセス数がB類型の要件に満たない場合は、A類型での申請となります。
  •  B類型で交付決定が出た場合、実績報告(確定)時の補助金額が150万円を下回っても、A類型に変更はできません。

 

ITツールに関する詳しい説明は、『IT導入補助金のA類型とB類型とは?「ツール編」』に続きます。

 

より詳しい内容はこちら

 

IT導入補助金をお考えの事業者様は、ぜひ当社にご相談ください。

 

IT導入補助金に関するお問合せはこちら

 

 

私たちがサポートします。

毎年、国の補助を受けながらホームページ制作するお客様をサポートしていますが、

今年もスピード対応していきたいと思いますので、ご興味、ご関心のある方は一度ご相談ください。

 

昨年度のIT導入補助金では、採択率100%の実績があります!

 

最近の相談内容で多いのは、

 

・今のホームページをスマホ対応にしたい。

・ホームページから問い合わせが来ない。

・そもそも検索しても表示されない。

・求人募集を出しても応募が来ないのはホームページが無いからだと思っている。

 

このように悩んでいる方、お困りの方からのご相談があります。

 

一覧に戻る

お問い合わせ/お見積り

お問い合わせはこちら