Just another WordPress site

BLOGブログ

トップ > 助成金/補助金 > IT導入補助金のA類型とB類型とは?「ツール編」

IT導入補助金のA類型とB類型とは?「ツール編」

2019年5月21日現在の情報です】

 

ITツールとは

ITツールとは、システム化が不十分な業務分野に導入されるソフトウェアと、関連するオプション役務の3つからなり、補助事業者様の労働生産性向上に目的とするものです。

なお、ITツールの登録は事業者様の特徴や現状を踏まえた上で、事業者様と話し合い、IT導入支援事業者が行います。

 

 

ソフトウェア

『業務パッケージ』とは

パッケージ化の企画段階に際して、対象となる「業種」を定め、「業務範囲」と「業務機能」などを明確に定義して開発されたソフトウェア製品をいいます。
業務パッケージは8つの業務プロセスに対応し、特定の業務機能をシステム化するソフトウェアであり、本補助金申請の主体となるものです。

  • A類型を申請交付の場合、ここから必ず1つ以上選択します。
  • B類型を申請交付の場合、ここから必ず3つ以上選択します。

※A類型、B類型に関する説明は、『IT導入補助金のA類型とB類型とは?「概要編」』をご参照ください。

 

効率化パッケージとは

特定の業種や業務に限定されず、他のパッケージ製品の高度な連携や自動実行を実現したり、高度な解析・分析の機能を持った専用パッケージ製品です。

 

汎用パッケージとは

効率化パッケージと同様、特定の業種や業務に限定されず(業務性を持たず)、広範囲に適用が可能な専用パッケージ製品を指します。
業務パッケージとは独立した製品であり、表計算・ワープロ・簡易データベースやメール、グループウェア製品などが該当します。

 

オプション

ソフトウェアの導入に伴い、必要となる製品で「機能拡張」「データ連携ツール」「セキュリティ製品」「ホームページ関連費」があります。任意選択です。

 

役務

ソフトウェアの導入に伴って必要となる役務で「導入コンサルティング」「導入設定・マニュアル作成・導入研修」「保守サポート」があります。任意選択です。

 

類型別のITツールの組み合わせ例

類型によるITツールの組み合わせ例は以下の通りです。

 

A類型の導入例(業務プロセスを必ず1つ以上含み、合計2プロセス以上必要

 

 

B類型の導入例(業務プロセスを必ず3つ以上含み、合計5プロセス以上必要

 

IT導入補助金をお考えの事業者様は、ぜひ当社にご相談ください。

 

IT導入補助金に関するお問合せはこちら

 

 

私たちがサポートします。

毎年、国の補助を受けながらホームページ制作するお客様をサポートしていますが、

今年もスピード対応していきたいと思いますので、ご興味、ご関心のある方は一度ご相談ください。

 

昨年度のIT導入補助金では、採択率100%の実績があります!

 

最近の相談内容で多いのは、

 

・今のホームページをスマホ対応にしたい。

・ホームページから問い合わせが来ない。

・そもそも検索しても表示されない。

・求人募集を出しても応募が来ないのはホームページが無いからだと思っている。

 

このように悩んでいる方、お困りの方からのご相談があります。

 

一覧に戻る

お問い合わせ/お見積り

お問い合わせはこちら